高校生におすすめ:スーパーで約半年間バイトした男が体験談を語る

スーパーのバイトってどうなの?仕事内容など体験談を教えて欲しい。

このような疑問を解決する記事です。

なぜなら、僕は約半年間スーパーでバイトをしていたので、体験談を踏まえて話すことができるからです。

✅本記事で分かること

  • 仕事内容
  • おすすめ部門
  • あるある
  • 出会いはあるのか
  • 面接について

この記事を読み終えることで、スーパーでバイトを始めるか悩まなくてよくなりますよ。

それでは、みていきましょう。

スーパーのバイトの仕事内容

スーパーのバイトの仕事内容

まずは、スーパーのバイトの仕事内容について説明していきます。

  1. 品出し
  2. 前出し

上記の通り。僕の場合は品出しのバイトということだったので、基本的にこの2つしかありませんでした。

それぞれ解説していきますね。

なお、「スーパーって言ってもスーパーの中には、レジ・肉屋・魚屋なんかのバイトもあるんじゃないの?」という方もいらっしゃると思うので、それについては次のスーパーのバイトのおすすめ部門は?で解説しています。

①品出し

これは単純に倉庫にある商品を売り場に出す作業になります。

売り場を見て、減っている商品を倉庫から持ってきて出す感じです。

コカコーラなどの飲料水・缶詰やお菓子などの食料品をメインに出してました。

基本的に生鮮食品以外は全部出す感じでしたね。

黙々と出すだけなので、きつくはなかったです。

②前出し

お客さんは基本的に陳列された商品を手前からとっていくので、棚の奥にしか商品が残らなくなります。

ですので、その奥にある商品を棚の前に出すという作業になります。

商品が見えないとお客さんも買ってくれないですからね。

この作業も黙々と前に出すだけなので、全くきつくなかったです。

スーパーのバイトのおすすめの部門は?

スーパーのバイトのおすすめの部門は?

結論から言うと、レジか品出しですね。

なぜなら、楽だからです。

魚屋や肉屋は手袋・帽子・エプロンを身につけなければなりませんし、匂いもすごい。だけど給料はレジや品出しとあまり変わらないという状況です。

それなら、より楽できるレジか品出しを選んだ方が良いかなと個人的には思います。

スーパーのバイトあるある

スーパーのバイトあるある
  • 品出し終わったら、基本的にずっと前出し
  • 夏場の飲料補充が大変
  • とにかく暇

上記の通り。

基本的に品出し終わったらずっと前出し作業になります。暇すぎますよね笑

夏場は飲料がとにかく売れるので、補充がめちゃくちゃ大変です。

また、売れるスピードが早いので、補充完了したと思ったら最初らへんに補充した商品が売り切れてるなんてこともありました。

まあ、忙しいって感じでもなく淡々とこなすだけって感じで基本的には楽ですよ。

スーパーのバイトで出会いはあるの?

スーパーのバイトで出会いはあるの?

これは部門によります。

僕が働いていたところでは、レジ・肉屋には男女ともに結構いましたが、品出し・魚屋にはほとんど女性がいませんでした。

もちろん店舗にもよると思いますが、出会いを求めるのであればレジがおすすめです。

お客さんが居なければバイト生同士で喋れますので仲良くなるのも早いかと。

現にレジのバイト生同士で付き合ってる方も居ましたし、「本当に出会いあるんだな〜」って思ってました笑

スーパーのバイトについて良くある質問

スーパーのバイトについて良くある質問

ここでは、スーパーのバイトについて良くある質問を解決していきます。

①バイトしたことがないけど大丈夫?

はい、もちろん大丈夫です。

簡単な作業ばかりなので、バイトしたことがない方でもすぐにできるようになります。

ただし、単純な作業すぎるので途中で飽きてくるかもしれません。

そうなったら、違うバイトに移ることを考えた方が良いと思います。

②高校生でも大丈夫なの?

はい、大丈夫です。

もちろん店舗にもよりますが、「高校生可」と書いていれば大丈夫ですよ。

スーパーは閉店が早いため、21時までしか働けない高校生でも雇ってくれるところは多いです。

③バイト中の服装は?

僕のところでは黒いズボンに白いシャツで、その上からエプロンを羽織る感じでしたね。

スウェットはダメでしたけど、ジーパンはOKだったので割とラフな格好でも大丈夫だと思います。

多分どこのスーパーでも服装にあまり違いがない気がするので、似たような服装だと思います。

④レジと品出しどっちが楽なの?

僕はレジと品出しの両方したことがあるのですが、品出しの方が楽でした。

スーパーは主婦のお客さんが多く、一回で結構な量買っていかれます。ですので、レジは割と大変でした。

品出しは前述した通り、めちゃくちゃ暇です。

楽かどうかでいったら品出しで、出会いを求めるならレジという感じで選ぶと良いと思います。

スーパーのバイトの面接について

スーパーのバイトの面接について
  1. 服装
  2. 聞かれること
  3. 採用の電話がかかってくる期間

最後に面接時の上記の事柄についてまとめていきますね。

①服装

面接時の服装に関しては本当になんでも良いです。

ただししっかりし過ぎようとして、スーツで行くようなことは避けましょう。逆に落ちます笑

僕の場合は「今から運動しますよ」みたいな服装で行ったのですが、特に触れられもせずに受かりました。

普通に外出時の格好で行けば大丈夫です。

②聞かれること

履歴書に書いている内容で、面接官が気になったことを聞いてきた感じでした。

「僕は以前ドラッグストアでバイトしてました」的なことを書いてたら、「どんなことしたの?」とか「どんなことがきつかったの?」とかその程度のレベルです。

ちなみに僕のドラッグストアバイト体験記は【楽なの?】ドラッグストアで2年間アルバイトした男が体験談を語るでしっかり解説しているので、合わせてどうぞ。

書いたことを素直に答えれば受かります。

基本的に「コミュニケーションが取れるか」「どのくらいの日数でバイトに入れるのか」しか見てませんので、ご安心を。

③採用の電話がかかってくるまでの期間

僕の場合は2日後に来ました。今までのバイトでも採用の時は3日以内には連絡がきてるので、大体面接日から三日以内にくると思ってもらって良いです。

電話の内容は、初出勤日についての案内や持ち物、服装についてです

向こうが淡々と話してくるので、メモすべきところはメモして後は受け流すという感じです。

まとめ:スーパーのバイトはめちゃくちゃ暇

まとめ:スーパーのバイトはめちゃくちゃ暇

スーパーのバイトはめちゃくちゃ暇で、時給も安いです。

月5万程度稼ぎたいという方や高校生などの学生にはおすすめです。

応募すればほとんどの人が受かるレベルなので、ちょっとでも興味を持った方は今すぐ応募しましょう。

考えてる時間が勿体無いですよ。

今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です