【2019年8月最新】各社QRコード決済アプリ比較 メリット デメリットも公開

QRコード決済について知りたい人

QRコード決済アプリ多すぎて分からない。それぞれのメリット・デメリットを教えて欲しい。

こんな悩みを解決します。

PayPayの100億円あげちゃうキャンペーンを皮切りに続々とQRコード決済業界に進出する企業が増えてきました。

それに伴って、実際どのサービスが良いのか分からないというユーザーの方も多いと思います。

そこで今回は現在主流のQRコード決済の比較とQRコード決済のメリット、デメリットも合わせて解説していきたいと思います。

それでは早速みていきましょう。

QRコード決済とは?

そもそもQRコード決済とは何なのでしょうか。

QRコード決済とは、各サービスのQRコード決済アプリをクレジットカードや銀行口座と紐付けることによってスマホ一つで支払いを済ませることができるサービスです。

QRコード決済には大きく分けて二つのパターンがあります。

利用者のスマホに表示されたQRコードを店舗が読み取るパターン

店舗に表示されたQRコードを利用者がスマホで読み取るパターン

店舗に表示されたQRコードを利用者がスマホで読み取るパターンの場合は、自分で購入金額を入力する必要があります。

また、QRコード決済の他にバーコード決済もありますが、ほとんどのQRコード決済アプリでは、バーコード決済も利用することができ、コンビニなどではバーコード決済が主流となっています。

QRコード決済とバーコード決済を総じてコード決済と呼びます。

コード決済は、キャッシュレス化に伴って、ますます利用者が増えていくことになると思います。

QRコード決済のメリット

財布を持ち歩かなくて良い

QRコード決済は、スマホで商品の購入が出来てしまうので財布を持ち歩く必要がありません。これにより、外出での財布の置き忘れや財布が盗まれるということを防ぐことができます。

時間の節約になる

QRコード決済を使用すれば、会計の時の小銭を数える作業やお釣りをもらう手間を省くことができます。これによりレジ混雑等も少なくなり、時間の節約に繋がります。

お得に買い物できる

QRコード決済を利用するとポイントが付与されたり、代金が割引になったりするものがあります。また、クーポンが配信されるアプリもあり、現金よりもお得に買い物することができます。

お金の動きが自動で記録される

QRコード決済を使用するとアプリに履歴が残るため、その日にいくら使ったのか、ポイントがいくら貯まったのかを確認することができます。家計簿などを付けている方にとっては便利な点だと思います。

QRコード決済のデメリット

使用できるお店が限られている

現時点では、QRコード決済に対応していないお店も多々あります。QRコード決済アプリをインストールしていても、お店がそのアプリに対応していなければ使用することができません。

スマホがないと決済できない

QRコード決済はスマホを利用した決済手段です。スマホがなければ利用することができません。また、スマホの充電切れによりQRコード決済アプリを開けない場合も同様に決済することができません。

スマホの通信環境に依存する

スマホの通信環境が悪いとQRコード決済アプリを開けないことや、処理がうまくいかないことがあります。この点もデメリットと言えるでしょう。

悪用される恐れがある

QRコード決済アプリのセキュリティに問題があったり、スマホを失くしてしまった場合などに悪用される可能性があります。

各社QRコード決済比較

現在主流のQRコード決済サービスをまとめました。以下の通りです。

・LINE Pay

・PayPay

・pring

・d払い

・au PAY

・メルペイ

・Origami

・楽天ペイ

・J-Coin Pay

・Amazon Pay

・FamiPay

一つずつまとめていきます。

LINE Pay

運営会社 LINE株式会社
ポイント還元率 ランクに応じて0.5~2%
一回当たりの限度額 3万円
一ヶ月当たりの決済額の上限 無し
クレジットカード 登録出来るが、クレジットカードからの支払いはできない
支払いタイプ チャージ残高から決済

LINE Payには、利用者提示タイプと店舗提示タイプのいずれのタイプも用意されています。

自身の口座と紐づけて、そこからLINE Payにチャージした分の金額を使用することができます。また、コンビニなどでチャージすることも可能です。

個人間でチャージした分の金額をやり取りすることもできます。(個人間送金)

以前は登録したクレジットカードからの支払いもできたのですが、廃止されました。(LINE Payカードは可)

ポイント還元率は、前月のLINE Pay利用額、個人間送金の利用回数により決まります。

もっと詳しく知りたいという方はLINE Pay公式ホームページをご覧ください。

PayPay

運営会社 PayPay株式会社
ポイント還元率 3%
一回当たりの限度額 25万円
一ヶ月当たりの決済額の上限 無し
クレジットカード VISA/Master/JCB(Yahoo!JAPANカードのみ)
支払いタイプ チャージ残高から決済/クレジットカード決済

Pay Payには、利用者提示タイプと店舗提示タイプのいずれのタイプも用意されています。

支払いは、銀行口座かクレジットカードからチャージしたチャージ残高から行うことができます。また、Yahoo!マネーからも行うことができます。

PayPay残高が足りなかったらYahoo!マネーから支払われ、Yahoo!マネー残高が足りなかった場合は登録したクレジットカードから行われます。

利用金額の3%分がポイントとして付与されます。(PayPayボーナス)

Yahoo!ショッピングを利用される方、Yahoo!JAPANカードをお使いの方は、キャンペーンで貯まるTポイントがPayPayボーナスライトになりました。

PayPayボーナスライトとは、ペイペイで使用できる有効期限付きのPayPayボーナスのことです。

有効期限は付与日から60日間で送金や割り勘、出金することはできません。

もっと詳しく知りたいという方は、PayPay公式ホームページをご覧ください

pring

運営会社 pring(メタップス子会社)
ポイント還元率 無し
一回当たりの限度額 100万
一ヶ月当たりの決済額の上限 無し
クレジットカード 登録不可
支払いタイプ チャージ残高から決済

個人間送金サービスや法人から個人への送金サービス、QRコード決済サービスを利用でできるアプリです。

pingの優れている点は、チャージ残高を現金化できる点です。

チャージ、出金のために利用できる銀行も増えてきているので今後ますます利用者が増えると思います。

もっと詳しく知りたいという方はpring公式ホームページをご覧ください。

d払い

運営会社 NTT DOCOMO
ポイント還元率 200円で1dポイント
一回当たりの限度額 1回の支払いで使用できるdポイントは、99,999ポイント、Docomo口座残高は、49,999円まで
一ヶ月当たりの決済額の上限 無し
クレジットカード VISA/MasterCard/JCB/American Express/dカード
支払いタイプ クレジットカード決済、電話料金合算払い

200円で1ポイントのdポイントが貯まるという非常に分かりやすい還元率となっています。(還元率0.5%)

似た名前のサービスでドコモ払いがありますが、ドコモ払いは、Docomoユーザーのみが使用でき、ケータイ料金と合算して請求されるサービスで別物です。

dカードとd払いアプリの機能的な違いはほどんどありません。

d払いアプリもポイントカード機能が付いているので、支払い以外でポイントを貯めたい時でも使えます。

支払いタイプには電話料金合算払いがあり、電話料金と合わせて利用額分の料金が引かれる仕組みになっています。(Docomoユーザーのみ)

もっと詳しく知りたいという方はd払い公式ホームページをご覧ください。

au PAY

運営会社 au
ポイント還元率 200円で1ポイント、auスマートパスプレミアム会員なら200円で3ポイント
一回当たりの限度額 5万円(1日あたりは5万円以上も可)
一ヶ月当たりの決済額の上限 無し
クレジットカード 利用不可
支払いタイプ チャージ残高から決済

auWALLETアプリから利用できるQRコード決済です。

通常の還元率は200円で1ポイントで還元率は0.5%です。

auスマートパスプレミアム会員は200円で3ポイントで還元率は1.5%です。三太郎の日(毎月3の付く日)は20%還元です。(上限は月5000ポイントまで)

楽天ペイが利用可能な場所でau PAYも利用可能です。

もっと詳しく知りたいという方はau PAY公式ホームページをご覧ください。

メルペイ

運営会社 株式会社メルペイ(メルカリの子会社)
ポイント還元率 無し
一回当たりの限度額 100万円(1回/1日あたり)
一ヶ月当たりの決済額の上限 300万円
クレジットカード 無し
支払いタイプ チャージ残高から決済、Apple PayのiD、電子マネーのiD、メルカリでの売り上げ金

メルペイは、支払いタイプが多いのが特徴です。メルカリの売り上げ金が使用できるのは便利だと思います。

また、「メルペイ後払い」と称して、クレジットカードのように翌月に支払うこともできます。(手数料月300円)

もっと詳しく知りたいという方はメルペイ公式ホームページをご覧ください。

Origami

運営会社 株式会社Origami
ポイント還元率 無し
一回当たりの限度額 クレジットカード払い:1回あたり100万円未満。銀行口座払い:1回あたり10万円未満
一ヶ月当たりの決済額の上限 無し
クレジットカード VISA/MasterCard
支払いタイプ クレジットカード決済

株式会社Origamiは2012年に設立された若い会社です。

クレジットカードを登録して店舗のQRコードを読み取る形がメインです。

Origamiで支払うと割引が適応される店舗が多いのが特徴です。

もっと詳しく知りたいという方はOrigami公式ホームページをご覧ください。

楽天ペイ

運営会社 楽天株式会社
ポイント還元率 200円につき1楽天スーパーポイント(楽天カードを登録していれば1ポイント)
一回当たりの限度額 ローソンでは1会計4,000円。ポイント利用の支払いも20,000ポイントまで。レギュラーランクの場合は4,000ポイントまで。
一ヶ月当たりの決済額の上限 無し
クレジットカード VISA/MasterCard
支払いタイプ クレジットカード決済

楽天ペイにも利用者提示タイプと店舗提示タイプのいずれのタイプも用意されています。

支払いは楽天のアカウントに紐付いたクレジットカードで行います。

楽天ポイントから自動的に支払うようにも設定できます。

もっと詳しく知りたいという方は楽天ペイ公式ホームページをご覧ください。

J-Coin Pay

運営会社 株式会社みずほ銀行
ポイント還元率 無し
一回当たりの限度額
一ヶ月当たりの決済額の上限
クレジットカード 無し
支払いタイプ 銀行口座から引き落とし

みずほ銀行が2019年3月に開始したQRコード決済サービスです。

大手銀行や地方銀行と連携して提供するサービスのようです。

ユーザー間での送金も可能です。

まだ開始したばかりのサービスのため明かされていない部分が多いです。

これからのサービスという感じですね。

もっと詳しく知りたいという方はJ-Coin Pay公式ホームページをご覧ください。

Amazon Pay

運営会社 株式会社Amazon
ポイント還元率 無し
一回当たりの限度額 無し
一ヶ月当たりの決済額の上限 無し
クレジットカード VISA/MasterCard/JCB/American Express/Diners
支払いタイプ クレジットカード決済

Amazon Payは現在アマゾンアカウントに紐付いているクレジットカードで支払うことができます。

また、JCBやAmerican Expressのクレジットカードを使用できるのも強みです。

もっと詳しく知りたいという方はAmazon Pay公式ホームページをご覧ください。

FamiPay

運営会社 株式会社ファミリーマート
ポイント還元率 200円毎に1FamiPayボーナス
一回当たりの限度額 無し
一ヶ月当たりの決済額の上限 無し
クレジットカード ファミマTカードのみ
支払いタイプ チャージ残高から支払い

200円で1ポイントのFamiPayボーナスを得ることができます。

また、クーポン等も配信されています。

チャージ方法は、ファミマTカードからのチャージ、レジでの現金チャージ、貯まったボーナスからのチャージがあります。

もっと詳しく知りたいという方はFamiPay公式ホームページをご覧ください。

まとめ

いかがでしたか?

今回はQRコード決済についてまとめました。

これからのキャッシュレス時代においてQRコード決済はますます需要が増えていくと思います。

ご自身にとってどれが一番メリットがあるのかを見極めて有効に活用することが大事だと思います。

今回はこれで終わります。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です