【コメディ無し】おすすめゾンビ映画8選をご紹介!

コメディ無しのオススメのゾンビ映画を教えて欲しい。

このようなお悩みを解決する記事です。

僕はゾンビ映画好きなのですが、ゾンビ+コメディ映画は嫌いです。多分僕のような方ってたくさんいらっしゃるんじゃないかと。

そこで本記事ではコメディ無しのおすすめゾンビ映画を8つご紹介します。

この記事を読み終えることで面白いコメディ要素無しゾンビ映画が分かりますよ。

さっそくみていきいましょう。

おすすめゾンビ映画8選

おすすめゾンビ映画8選

  • アイ・アム・レジェンド
  • バイオハザード
  • 新感染ファイナル・エクスプレス
  • ゾンビ
  • ドーン・オブ・ザ・デッド
  • ワールド・ウォーZ
  • アイアムアヒーロー
  • ウォーキングデッド

上記の通り。

なお、ランキング形式とかではなく全部面白い作品ですよ!

もう少し深掘りしていきますね。

アイ・アム・レジェンド

2012年、廃墟と化したニューヨーク。元米国陸軍中佐であり科学者のロバート・ネビルは、3年もの間シェパードの愛犬サムだけを家族として、動物園から逃げ出したインパラを狩り、公園でトウモロコシを収穫する生活を送り、1日も欠かさず生存者を求めてメッセージを発信し続けていた。ネビルはウイルス感染により、世界人口60億人のほとんどが絶滅していく中で生き残った、ニューヨークでたった1人の生存者なのである。

引用元:Wikipedia

ゾンビうじゃうじゃ系のゾンビ映画ではありません。もちろんゾンビも登場しますが、終始画面に登場するのは主人公のネビルと愛犬サムのみです。

それ故、生き残った彼らの孤独が画面からひしひしと伝わる作品で、感情を揺さぶられます。

ヒューマンドラマに近い作品なので、通常のゾンビ映画に見飽きてしまったという方にはオススメの作品です。最後まで観ると、タイトルの意味が理解できると思います。

バイオハザード

21世紀初頭。全米No.1の巨大複合企業であり、アメリカでの家庭用医薬品シェア90%を誇るアンブレラ社。だが真の姿は、細菌兵器などの研究開発を手掛ける“軍事企業”であった。

ある日、アメリカ合衆国ラクーンシティ郊外に位置するアンブレラ社の地下研究所「ハイブ」で、研究中の生物兵器T-ウイルスが何者かの手によって施設内に漏洩するバイオハザードが発生。空調設備を通じて所員全員がT-ウイルスに感染したため、外部へのウイルス漏出を防ぐべく、ハイブのメインコンピュータ「レッド・クイーン」は所内の各区画を封鎖して、消火剤であるハロンガスや、スプリンクラーの水を大量に散布し、約500名を超える所員全員を死亡させ、汚染を所内に封じ込めた。

引用元:Wikipedia

言わずと知れた名作ですね。カプコンから発売されたゾンビゲーム「バイオハザード」を映画化した作品になります。

ゲームの要素もいくつか取り入れてはいますが、ストーリーなど全く別物なので完全オリジナル作品として視聴した方が良いです。

全6作あり、完結しています。超能力的な要素もあるため、純粋なゾンビ映画を楽しみたいという方にはおすすめできませんが、観ておいて損はない作品です。

新幹線ファイナル・エクスプレス

KTXは5時30分にソウル駅を出発したが、発車直前に、ひとりの女(シム・ウンギョン)が異様な様子で12号車に駆け込んできた。発車直後、スアンは車窓から、ホームで発車合図を行っていた駅員が何者かに襲われる様子を目撃したが、他の乗客はそれに気付くことはなかった。

駆け込んできた女はゾンビウイルスの感染者であり、車内で倒れていたところを介抱しようとした乗務員のミンジ(ウ・ドイム)に突然襲いかかった。噛みつかれた乗務員は一度はこと切れたが、再び立ち上がり、恐ろしい形相で周囲の乗客を次々と襲い始めた。事態に気づいた乗客たちは他の車両へ逃げ出したが、感染は一気に広がり、逃げ場のない列車の中は地獄と化していく。

引用元:Wikipedia

韓国で初めて大ヒットしたゾンビ映画です。

ありそうでなかった列車の中を舞台にしており、閉鎖空間の中で次々と感染が広まっていく様子は「これぞゾンビ映画」という感じですよ。

それぞれのキャラの個性やアクションシーン、ストーリー全てがしっかりしているため、総じて質の高い作品です。

エンディングがイマイチというゾンビ映画作品が多い中、エンディングもしっかりしており、最近のゾンビ映画作品の中ではダントツでNo.1作品です。

ハリウッドリメイクも決まっており、ゾンビ映画好きにはたまらない作品と言えます。

ゾンビ

全米各地で突如死体がよみがえり、生者を次々と襲い始めてから3週間。生ける死体「ゾンビ」に噛まれて死んだ者たちもゾンビ化して急速に数を増やし、社会に混乱が広がっていた。

ゾンビ映画の原点と言われる作品で、様々なゾンビ映画に影響を与えています。

「ゾンビ映画=ショッピングモールへ逃げる」というイメージを定着させた作品でもあります。

40年ほど前の作品なので、映像やゾンビのクオリティに不満点は多いもののストーリーとしてはしっかりしていて今見ても面白いです。

ゾンビ映画好きを語るなら必ず見ておくべき映画です。

ドーン・オブ・ザ・デッド

アナは普通の看護師。夫のルイスとは普通に結婚し、普通に病院に勤務する、正に平穏を絵に描いたような生活を送る女性であった。

ある日アナが目覚めると、近所に住む少女のヴィヴィアンが顔に重傷を負った姿で、寝室の前に立っていた。ルイスは慌てて駆け寄るが、次の瞬間ヴィヴィアンは彼の首筋に噛み付き、そのまま食い千切る。凄まじい血飛沫と共に死亡するルイスの姿を目の当たりにしたアナは必死に救助を呼ぶが、電話は輻輳して繋がらない。その傍では、死んだはずのルイスが起き上がり、驚くアナに牙を剥いて襲い掛かる。

引用元:Wikipedia

少し昔の映画になりますが、今見ても十分面白いです。

実は1つ前に紹介した「ゾンビ」をリメイクした作品なのですが、ショッピングモールに立てこもる以外ほとんど内容が違います。

オブ・ザ・デッドシリーズありすぎてどれ見れば良いの?」という方はまずはこちらの作品を見ることをおすすめします。

ワールド・ウォーZ

フィラデルフィアに住む元国連職員ジェリー・レインは、妻カリンと長女レイチェル・次女コニーを学校に送るため自動車に乗っていたが、いつもとは様子の違う交通渋滞にはまってしまう。すると突如人々が車を放棄して逃げまどい始め、ただならぬ雰囲気を感じ取ったジェリーは同じように家族と共に逃れる。人間を狂暴化させる謎の疫病が世界各地で流行し始めており、フィラデルフィアの街はゾンビの大群に襲われていた。混乱の最中、ジェリーはゾンビに噛まれた男が12秒後にはゾンビと化し、人々を襲い始めるのを目撃する。

引用元:Wikipedia

ブラッド・ピット主演のゾンビアクション映画です。

凄腕エージェントのブラピが、ウイルス蔓延によってゾンビ化する人々との戦いや微かな希望を頼りに進んでいく様を描いています。

ゲーム化もされており、こちらも爆発的な人気を誇っています。

ザ・ハリウッド映画」という感じで映像も綺麗なので、ゾンビ映画好きでない方でも楽しめる作品の1つです。

アイアムアヒーロー

主人公・鈴木英雄は、さえない35歳の漫画家。デビュー作は連載開始後半年で早々に打ち切られ、借金も背負い、アシスタントをしながら再デビューを目指し、ネームを描いては持ち込む日々が3年を経たが、出版社には相手にされない悶々とした日常を過ごしている。そんな無為な日常の中の救いは、恋人である黒川徹子の存在。だがその彼女も、すでに売れっ子漫画家になった元カレを何かと引き合いに出し、酔うたびに英雄の不甲斐なさをなじる始末であった。

そんなある日、全国的に「噛み付き事件」が多発する。町に増えてゆく警官の数、さらには厚労相が入院して、その入院先で銃撃戦が起こるといった報道が立て続けに起こる。英雄も深夜、タクシーに轢かれて両腕と右足が潰れ、首が真後ろに折れても運転手に噛み付き、奇声を発し立ち去る女性を目撃する。

引用元:Wikipedia

日本の本格ゾンビ映画です。さえない漫画家の鈴木英雄がゾンビと対峙していく中でヒーローになっていく様を描いています。

原作漫画の実写化ということで期待はしてなかったのですが、しっかりまとまっていて面白かったです。

日本のゾンビ映画でもここまでできるんだということを教えてくれた作品でもあります。

ウォーキング・デッド

保安官代理のリック・グリムスが勤務中の怪我による昏睡状態から目を覚ますと、文明は崩壊し、生ける屍「ウォーカー」が歩き回っている。リックの自宅には家族はおらず、見知らぬ黒人親子モーガンデュエインに出会う。彼らからウォーカーの事や自分の昏睡中の出来事を教えてもらい、家族が避難していると思われるアトランタを目指して出発する。

これは映画ではなくドラマですが、個人的に大好きなのがウォーキングデッドシリーズです。

保安官のリックが病院で目を覚ますと、ウォーカーと呼ばれるゾンビが歩きまわっている世界になっていたというところから物語が始まります。

現在シーズン10を放送中で、根強い人気があります。

「そんなに長いシリーズだと途中で飽きないの?」と思われるかもしれませんが、長ければ長いほど登場するキャラに情が移ってしまい、ハマってしまいますよ。

全ゾンビ映画好きがハマること間違いない作品ですので、まだ見たことないという方にはぜひ見て欲しい作品の1つです。

まとめ:ゾンビ映画は面白すぎる!

まとめ:ゾンビ映画は面白すぎる!

個人的にコメディ要素無しのゾンビ映画が好きなので、今回はコメディ要素無しのゾンビ映画を厳選しました。

本当にオススメできる作品ばかりなので、まだ見てないという作品が1つでもあればぜひ見てみてくださいね!ぜひこの機会にご覧あれ〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です