【感想】ターミネーター:ニューフェイトは観に行く価値ありの映画です

ターミネーター:ニューフェイト観に行くか迷ってるんだけど、あらすじや感想・観に行った方が良いのかについても教えて欲しい。

このような疑問を解決する記事です。

先日僕もついにターミネーター:ニューフェイトを観てきました。

結論から言ってしまうと、観に行く価値ありの作品でしたよ。

そこで本記事では、ターミネーター:ニューフェイトの感想や見どころについて余すことなくお伝えします。

本記事を読み終わる頃には、観に行きたくてうずうずしていること間違いなしです。

ターミネーター:ニューフェイトのあらすじ

本作はサラ・コナーとT-800がジョン・コナーを守り抜いた「T2」から22年後が舞台となっています。

メキシコシティに住むダニー・ラモスは弟と父親と平和に暮らしていました。

しかしその日常を脅かす、見慣れた稲光が2つ……。突如命を狙われるダニーの前に、彼女を守ろうとする謎の女性が現れます。

彼女を襲うのは、未来から送り込まれたターミネーター REV-9。最新型のターミネーターは、以前現れたT-800の頑強な内骨格と、T-1000の自在に変化できる液体金属の皮膚を兼ね備えていました。

同じく未来からやってきたのは、強化人間のグレース。彼女はダニーを守りながら、REV-9からの逃走を図ります。

恐ろしい性能を持つREV-9から必死で逃げ切ろうとする中、1人の女性が現れます。彼女こそサラ・コナーでした。銃火器を使いこなすサラは、REV-9を遠ざけてみせます。 なにが起きているのかグレースに尋ねるサラ。

新たに現れたターミネーターとグレースは何者なのか、未来でなにが起きたのか。グレースの口から驚愕の真実が語られます。

果たしてREV-9の脅威を退けることはできるのでしょうか。彼女たちを待ち受ける新たな運命とはーー。

出典:https://ciatr.jp/topics/308180

ターミネーター:ニューフェイトのキャスト・スタッフ

ここではターミネーター:ニューフェイトのメインキャストとスタッフをを紹介していきますね。

ターミネーター:ニューフェイトのキャスト

アーノルド・シュワルツェネッガー(T-800役)

アーノルド・シュワルツェネッガー(T-800役)
  • 名前:アーノルド・シュワルツェネッガー
  • 生年月日:1947年7月30日
  • 年齢:72歳
  • 身長:188cm

リンダ・ハミルトン(サラ・コナー役)

  • 名前:リンダ・ハミルトン
  • 生年月日:1956年9月26日
  • 年齢:63歳
  • 身長:168cm

マッケンジー・デイヴィス(グレース役)

マッケンジー・デイヴィス(グレース役)
  • 名前:マッケンジー・デイヴィス
  • 生年月日:1987年4月1日
  • 年齢:32歳
  • 身長:178cm

ガブリエル・ルナ(REV-9役)

ガブリエル・ルナ(REV-9役)
  • 名前:ガブリエル・ルナ
  • 生年月日:1982年12月5日
  • 年齢:35歳
  • 身長:185cm

ナタリー・レヴェス(ダニー・ラモス役)

ナタリー・レヴェス(ダニー・ラモス役)
  • 名前:ナタリー・レヴェス
  • 生年月日:1987年2月6日
  • 年齢:32歳
  • 身長:155cm

ターミネーター:ニューフェイトのスタッフ

  • 監督:ティム・ミラー
  • 脚本:デビッド・ゴイヤー
  • 撮影:ケン・セング
  • 編集:ジュリアン・クラーク
  • 音楽:トム・ホルケンボルフ
  • 視覚効果監修:エリック・バーバ
  • 特殊効果監修:ニール・コーボールド

監督は「デッドプール」を手がけたティム・ミラー。

脚本は「ダークナイト」「マンオブスティール」「バットマンVSスーパーマン」などで知られるデビット・ゴイヤー。

ちなみにターミネーターの生みの親でもあるジェームズ・キャメロンも脚本・製作に関わっているので、ターミネーター2の正当な続編と言われています。

ターミネーター:ニューフェイトの感想・みどころ

ターミネーター:ニューフェイトの感想・みどころ

僕が感じたターミネーターのみどころは下記の4つです。

  1. ターミネーター2の正統な続編
  2. アクションの多さ
  3. AIの進化
  4. 映像技術の進化

①ターミネーター2の正統な続編

ご存知の方も多いかと思いますが、ターミネーターシリーズはやたらと多い。

「ターミネーター」「ターミネーター2」「ターミネーター3」「ターミネーター4」「ターミネーター新起動/ジェネシス」+ドラマシリーズなど。

ハッキリ言って「ターミネーター」「ターミネーター2」以外全部駄作です笑

まあそれもそのはずで、「ターミネーター」「ターミネーター2」のみ監督がジェームズ・キャメロンですからね。

そして本作では、脚本・製作にジェームズ・キャメロンが関わっているので、「ターミネーター」「ターミネーター2」と話がしっかり繋がっています。

他は見なくてもいいですが、「ターミネーター」「ターミネーター2」は事前に見ておいた方が良いです。

U-NEXTの無料トライアルなら無料で観れるのでオススメです。

U-NEXTの無料トライアルを無料で利用する方法

②アクションの多さ

前作の比にならないくらいアクションシーン多めです。

理由は、敵の「REV-9」がやたらとしつこいから。

逃げても逃げてもどこまででも追ってくるので、「必然的にアクションシーン突入」みたいな感じです。

ただそれでもストーリーがしっかりしているので、見ていて飽きませんでした。

アクション好きは必見です。

③AIの進化

ターミネーター:ニューフェイトではAIの進化も観れます。

ややネタバレになってしまいますが、敵の「REV-9」が笑ったり、冗談を言ったりします。

「AIが進化したらここまでなるのか」と観ながら感心してました。

そのようなAIの進化も感じることができますよ。

④映像技術の進化

これはもう言うまでもないですが、「ターミネーター2」の頃と比べて映像技術の進化も感じれます。

敵の「REV-9」は今回も液体金属なのですが、滑らかさとか表現が全然違いますね。

よりリアルさが増した感じです。

その辺もぜひ、注目して見てください!

ターミネーター:ニューフェイトの考察

ターミネーター:ニューフェイトの考察

※以下ネタバレを含みます

ターミネーター:ニューフェイトを僕なりに考察してみました。

女性の強さを描いている

ターミネーター:ニューフェイトは、女性の強さをテーマに描かれているような気がしました。

ダニーを助けたグレースも女性ですし、サラ・コナーも女性です。

グレースは、自分から志願して強化人間になりましたしね。

そして、ずっと助けられていたダニーも最後には「ここで決着をつける」なんて言っちゃうくらい頼もしくなりますし。

今まで男性中心で描かれてきたターミネーターとは違い、ターミネーター:ニューフェイトは女性中心。時代の波を感じました。

AIの進化(良い面・悪い面)を見せた演出

「REV-9」は冗談を言ったり、笑顔を見せたりして人間を油断させて殺していました。

AIが進化すると、人間の制御が効かなくなるという構図ですね。

一方、シュワちゃんこと「T-800」は、ジョン・コナーを殺してしまったことを後悔していましたし、人間の感情に近い、親心のようなものが芽生えたと言っていました。

グレース達と家を去る時もサングラスをかけるか迷って、結局かけませんでした。

あれは、昔の殺戮兵器の自分と今の自分が違うという気持ちの表れだと思います。

この2つの対比が良くできた演出だったなと思いました。

ターミネーター:ニューフェイトの評判

ターミネーター:ニューフェイトの評判

僕的には大満足だったのですが、世間のみんなはどう感じてるのか気になったので、評判を調査して見ました。

百合映画だった

 

素晴らしい作品だった

大傑作だった

高須クリニックに行ってくる

前作を見てから行くのがオススメ

などなど。全体的には良かったという意見が多かったですが、「ターミネーター2」の劣化版などの意見もありました。

気になる方はぜひ、劇場で見てみてくださいね!

まとめ:ターミネーター:ニューフェイトは観に行く価値あり

まとめ:ターミネーター:ニューフェイトは観に行く価値あり

ということで、ターミネーター:ニューフェイトは観に行く価値ありです。

アクションシーンが多いので、大画面で見ると迫力半端ないですよ。

絶対映画館で見た方が良い作品の1つです。

まだ見てないという方は、ぜひご覧ください!

U-NEXTの無料トライアルを無料で利用する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です