【書評&要約まとめ】『沈黙のWebマーケティング』

沈黙のWebマーケティングを読みたい人

沈黙のWebマーケティングの書評・要約を知りたい

こんなお悩みにお答えします。

あなたのコンテンツが人気になったらどうしますか?

沈黙のWebマーケティング』では、あなたのコンテンツを人気にするためのノウハウを学べます。

「頑張ってるけど結果が出ない」「アクセス数が全然伸びない」などの現象は、あなたがWebマーケティングの手法を知らないからかもしれません。

本記事でWebマーケティングのノウハウが少しでもお伝えできれば幸いです。

それではさっそく見ていきましょう。

沈黙のWebマーケティングの基本情報

沈黙のWebマーケティングの基本情報について見ていきます。

  • 書名:沈黙のWebマーケティング
  • 著者:松尾茂起
  • 出版月:2015年1月30日
  • 出版社:エムディエヌコーポレーション
  • 定価:本体2,200円+税

筆者の松尾茂起さんは、株式会社ウェブライダーの代表取締役社長でもあります。

松尾茂起さんが著者の本として有名な『沈黙のWebライティング』があります。

『沈黙のWebライティング』では、SEOに強い文章の書き方を学ぶことができ、『沈黙のWebマーケティング』では、SEOの仕組みやマーケティングの基本的な仕組みを学ぶことができます。

>>【書評&ノウハウまとめ】『沈黙のWebライティング』でライティングスキルを高めよう!

本書は漫画のようなストーリー仕立てで描かられており非常に読みやすいです。

EPISODE 01 夜明けのSEOペナルティ解除
EPISODE 02 偽りと本質のWebデザイン
EPISODE 03 Webライティングは二度輝く
EPISODE 04 逆襲のSWOT分析
EPISODE 05 コンテンツSEOの誘惑
EPISODE 06 コンテンツマーケティング攻防戦
EPISODE 07 真実のソーシャルメディア運用
EPISODE 08 G戦場のレンタルサーバー
EPISODE 09 さらばボーン! 沈黙の彼方に!
炎の中の真実 〜EPILOGUE〜

全部で490ページありますが、スイスイ読めてしまいます。

沈黙のWebマーケティングの要約まとめ

続いて、要約についてご紹介します。

  1. 人間心理に響くコンテンツを作る
  2. 感情を動かすコンテンツを作る
  3. ソーシャルメディアに露出起点を持つ

1つずつ解説していきます。

要約①:人間心理に響くコンテンツを作る

  • マズローの欲求五段階説における「所属と愛の欲求」、「承認欲求(自己顕示欲)」を意識する
  • ページは「セリング」と「コンテンツ」に分けて考える

出典:『沈黙のWebマーケティング』264pより

人間の欲求に基づいたコンテンツを作ることの重要性が語られています。

マズローの欲求五段階説」とは下図のように人間が持つ欲求は五段階に分かれているとしたものです。

低次の欲求が満たされると、人間は、高次の欲求を満たしたいと考えるとされています。

日本という国は「生理的欲求」と「安全の欲求」は既に満たされている人がほとんどなので「社会的欲求」「承認の欲求」を満たすようなコンテンツは拡散されやすいと言えます。

セリングは、商品を売るためのページで、コンテンツはリンクを獲得するためのページです。

何かのページをシェアしたいと考える人は、そのページに売られている商品には興味がなく、コンテンツにしか興味がないという場合がほとんどです。

シェアされるような人間心理に刺さるコンテンツを作成することが重要になってきます。

要約②:感情を動かすコンテンツを作る

  • 「コミュニケーションのきっかけ」になるコンテンツはシェアされやすい
  • interestingなコンテンツを作る
  • みんなが興味を持つテーマやキーワードをコンテンツに含める

出典:『沈黙のWebマーケティング』312pより

シェアされるコンテンツというのは、誰かとそのコンテンツを介してコミュニケーションをとりたいと考えている場合がほとんどです。

そこで、シェアされるためには「シェアする人とその周りの人との間に、どんなコミュニケーションを生み出したいか?」を意識するというのが重要です。

その中でもinterestingなコンテンツ、すなわちノウハウ系コンテンツは中長期的に支持されやすい傾向があります。

また、「社会的関心度」の高いジャンルを扱ったり、「社会的認知度」の高いキーワードを取り入れたコンテンツは、多くの人の自分事になりやすいため興味を持ってもらいやすいと語られています。

要約③:ソーシャルメディアに露出起点を持つ

  • Twitterは「コンテンツ」に紐づくものと考えて運用する
  • まずは「聞き役」に回る
  • Twitter運用では自分の声が届くフォロワーの存在が鍵に

出典:『沈黙のWebマーケティング』370pより

多くのTwitterユーザーは「セリング」に興味がない場合が多いので、Twitterでは、「コンテンツ」に関する情報を発信するようにするのが良いです。

また、自分に影響力がない場合、まずは「聞き役」に回ることが重要です。

人間誰しも自分の話を聞いてもらいたいものです。

聞いていくと「返報性の原理」が働き、自分のツイートに関しても何かしらアクションを取ってくれるようになります。

そのようなアクションを取ってくれるユーザーを大切にすることで徐々にフォロワーが増えていきます。

沈黙のWebマーケティングの書評

続いて、沈黙のWebマーケティングの書評をご紹介していきます。

  1. Webマーケティングの手法を一通り学べる
  2. 漫画的なストーリーで読みやすく、記憶に残りやすい

解説していきます。

書評①:Webマーケティングの手法を一通り学べる

Webマーケティングの実用入門書」と言われているだけあり、Webマーケティングに関して一通りの知識を付けることができます。

また、具体的にどう行動すれば良いのかが示されており、読んだ後すぐに自身の行動に反映させやすいです。

ブログやTwitterで結果を出したいと考える人は読んでおいて損はないと思います。

書評②:漫画的なストーリーで読みやすく、記憶に残りやすい

本書は基本的に下図のように吹き出し+絵で描かれているのであまり活字を読むのが得意ではない人でもスラスラと読むことができます。

また、章末にその章のポイントがまとめて書いてあるので、重要部分が明確で分かりやすいです。

ポイントだけまとめて知りたいという方にもオススメの一冊です。

沈黙のWebマーケティングを読むべき人

ここまで要約・書評を紹介してきました。

続いては、沈黙のWebマーケティングを読むべき人をご紹介します。

  • Webマーケティングスキルを身に付けたい人
  • 人気コンテンツを作成したい人

上記のいづれかに当てはまる人は、本書を読むと悩みが解消されると思います。

特に自分で動画配信をしている方やブログを書いている方に読んでもらいたい一冊です。

これからの時代、個人で稼ぐことの重要性がますます高まると思います。

そんな時にWebマーケティングスキルの教科書として本書が活躍することと思います。

沈黙のWebマーケティングを読むべき理由

最後に、沈黙のWebマーケティングを読むべき理由をご紹介します。

  1. これからは個人で稼ぐ時代だから
  2. ネット上では誰にでもチャンスがあるから

解説していきます。

理由①:これからは個人で稼ぐ時代だから

1つ目の理由は、これからは個人で稼ぐ時代だからです。

大企業や一流企業ですら倒産してしまう時代です。

今の会社が倒産した時にあなたは自分でお金を稼ぐことができますか?

個人で稼ぐ力を育てておくというのは現代において必須のスキルになってきています。

理由②:ネット上では誰にでもチャンスがあるから

ネット上では全て公平に評価されます。

他と差を付けるとすれば、コンテンツの中身とマーケティング知識くらいです。

その内の1つのマーケティングスキルを本書から学ぶことができます。

やるかやらないか、知っているか知らないかで差が大きく出てくると思います。

沈黙のWebマーケティング』という教科書を手に入れ、今日から行動していきましょう。

まとめ

今回は、『沈黙のWebマーケティング』について書評・要約をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

これから稼ぎたい・人気コンテンツに育てたいと考えている方には、Webマーケティングスキルが必須です。

本書からそのスキルを吸収しませんか?

『沈黙のWebマーケティング』を買おうと思った方は、Amazonや楽天でポチってみてください。

今回は以上です。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です