【書評】好きをお金に変える心理学の3つのポイントまとめ

「好きをお金に変える心理学のポイントを教えて欲しい人

好きをお金に変える心理学のポイントを教えて欲しい。

こんなお悩みにお答えします。

好きをお金に変えることが出来たら人生楽しいですよね。

日本人は、僕も含めて自分のやっている仕事が好きという人が少ないように思います。

一方DaiGoさんは、読書という好きなことを行い、そこから得た知識をニコニコ動画などで配信したり、企業のコンサルを行うことでお金に変えています。

かつてテレビで行っていたパフォーマンスは、実は好きなことではなかったようです。

そのため、好きなことをお金に変えるための方法をDaiGoさん自身も模索し、現在の方法を見つけたようです。

『「好き」を「お金」に変える心理学』では、「好き」を「お金」に変えるための心理学をメンタリストDaiGoさんの知識と経験を基に学ぶことができます。

これからの時代は好きなことじゃないとお金が稼げない」とスティーブジョブズも大学でのスピーチで言っていました。

では、好きなことでお金を稼ぐためにはどうすれば良いのか?

本記事では、『好きをお金に変える心理学』から読み取った「好き」を「お金」に変えるための3つのポイントについてまとめました。

それではさっそく見ていきましょう。

好き」を「お金」に変える心理学の基本情報

好き」を「お金」に変える心理学の基本情報について見ていきます。

  • 書名:「好き」を「お金」に変える心理学
  • 著者:メンタリストDaiGo
  • 出版月:2017年1月20日
  • 出版社:PHP研究所
  • 定価:本体1,300円(税別)

本書は、メンタリストDaiGoさん心理学の知識と自身の経験に基づいた好きなことをお金に変えるための方法を解説しています。

「好き」を「お金」に変える心理学の3つのポイント

続いて、「好き」を「お金」に変える心理学の3つのポイントをまとめていきたいと思います。

  1. 好きなことにお金を使う
  2. 好きなことで他人に役に立つ行動を起こす
  3. 直感を信じること

ポイント①:好きなことにお金を使う

まずは、好きなことにお金を使うことです。

ここでいう好きなことというのは、物ではなく、経験やスキルのことです。

例えば、旅行が好きな人は旅行に、本が好きな人は本に、プログラミングが好きな人は、プログラミングスキルを習得するためになどです。

ではなぜ好きなことにお金を使うべきなのか?

それは、次のフローを実現するためです。

好きなことにお金を使う→経験やスキルが身につく→自分が成長する→仕事が舞い込む

仕事が舞い込むとその対価が手に入ります。

その対価を好きなことに再投資するというように一度このフローに入るとループになり、好きなことでお金を稼げるようになるというわけです。

ポイント②:好きなことで他人に役に立つ行動を起こす

二つ目は、好きなことで他人の役に立つ行動を起こすことです。

これは、返報性の法則を利用するためです。

返報性の法則 とは、自分が相手から喜ぶことをされたときに、次は自分が相手が喜ぶことをしないといけないという気持ちになるという法則です。

普段から他人に役に立つ行動をしておけば、この返報性の法則が働き、自分が困ったときにみんなが助けてくれるようになります。

また、「好きなことで」というのが重要です。

なぜなら、好きなことをし、他人が喜ぶ姿を見るのが嫌いな人はいないからです。

ポイント③:直感を信じること

三つ目は、直感を信じることです。

チャンスをものにできる人とできない人の決定的な違いはここに生まれます。

いや、直感って(笑)と思うかもしれませんが本当です。

直感は誰しももっています。

これは、自分の身を守るために発達したためです。

初めて会った人に対して、「この人とは気が合いそう」「この人とは気が合わなそう」と思うのもそのためです。

人の直感というものは意外とあたるものなのです。

直感でチャンスかもと思ったものは、迷わずにチャレンジし、チャンスを逃さないようにしましょう。

「好き」を「お金」に変える心理学のまとめ

いかがでしたか?今回は、3つにまとめさせていただきましたが、この本の中では、好きなことを見つけるためにはどうすれば良いか等も書かれています。

好きなことを見つけるにはどうすれば良いの?という方にもオススメの一冊です。

好きなことでお金を稼ぎ、人生をもっと豊かにしていきましょう!

興味がある方はぜひ読んでみてください。


本・書籍ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です