RaiseTechのリアルな評判5個【悪評も】

RaiseTechのリアルな評判5個【悪評も】

悩む人

RaiseTech(レイズテック)を受講するか迷ってるんだけど、評判とかメリット・デメリットを知っておきたい。

このようなお悩みを解決する記事です。

記事の内容

  • RaiseTech(レイズテック)の特徴
  • RaiseTech(レイズテック)の料金・コース
  • RaiseTech(レイズテック)の学習内容・流れ
  • RaiseTech(レイズテック)の講師
  • RaiseTech(レイズテック)の評判
  • RaiseTech(レイズテック)の就職支援の内容
  • RaiseTech(レイズテック)の就職先
  • RaiseTech(レイズテック)のメリット・デメリット
  • RiaseTech(レイズテック)と他スクールの比較

本記事を書いている僕は、プログラミング歴6年の現役エンジニアです。

RaiseTech(レイズテック)の評判が知りたいあなた。

将来は、RaiseTech(レイズテック)を受講して、エンジニアになろうと考えているのではないでしょうか。

新しいことに挑戦する勇気、素晴らしいですね!

でもその前に、RaiseTech(レイズテック)の評判やメリット・デメリットについて知っておきたいですよね。

そこで本記事では、RaiseTech(レイズテック)の評判を悪評も含めて解説しました。

この記事を読んで行動すると、エンジニアとしての第一歩が踏み出せますよ。

さっそく見ていきましょう!

なお、今すぐRaiseTech(レイズテック)の無料トライアルを受講したい方は、下記よりどうぞ👇

\ 2週間のトライアル受講付き /

2週間以内に解約すれば、料金は全額返金されます。
トライアル受講はいつ終わるか分からないので、お早めに。

RaiseTech(レイズテック)の特徴

まずは簡単に、RaiseTech(レイズテック)の特徴から紹介します。下記の通り。

  • JavaとAWS、WordPressに特化したプログラミングスクール
  • 最速で稼ぐことを目標にしたオンライン完結のプログラミングスクール
  • 講師が現役エンジニアのみ
  • 無制限の質問サポート
  • 自社開発企業が運営
  • カリキュラムの進行が遅れた場合、無料補講サポートあり
  • ビデオ通話によるマンツーマンレッスン付き

RaiseTech(レイズテック)は、最速で稼ぐことを目標にしたオンライン完結のプログラミングスクールです。

転職支援・就職支援も付いており、受講後にエンジニア転職も可能。

また、カリキュラム進行が遅れたら、無料で補講してくれるなど、未経験からの受講にも優しいスクールです。

RaiseTech(レイズテック)の料金・コース

コース 料金(税込) 期間 学習内容
WordPress副業コース 通常:261,800円
学割:173,800円
16週間 ・Webサイトの基礎
・フロントエンド実装
・WordPress
AWSフルコース 通常:346,500円
学割:217,800円
16週間 ・Webアプリ開発
・AWS上の環境構築
・infrastructure as code

AWS自動化コース 通常:207,900円
学割:107,800円
8週間 ・AWS上の環境構築
・infrastructure as code
Javaフルコース 通常:346,500円
学割:217,800円
16週間 ・Webアプリ開発
・Webアプリ開発テスト
・自動テスト環境構築
・画面の自動テスト
・自動デプロイの実現
Javaフレームワークコース 通常:207,900円
学割:107,800円
8週間 ・Webアプリ開発
・自動テスト
・画面の自動テスト
・CI/CDの実現

上記の通り。

RaiseTech(レイズテック)は稼ぐことに特化しているので、他のプログラミングスクールと比べると、少しコースが特殊です。

各コースの比較

  • WordPress副業コース:単価は安いが、在宅で働ける
  • AWS・Javaコース:単価は高いが、基本的に企業に常駐

もう少し深掘りします。

WordPressでできること

  • 当ブログのような記事作成
  • Webサイトデザインを自由にカスタマイズ
  • クラウドソーシング等での案件獲得

AWSでできること

  • Webサイトの運用
  • データの保存
  • データベースとしての活用
  • IoTソリューションの構築
  • AIでの利用

JAVAでできること

  • Web・PC・スマホなどのアプリケーション開発
  • Webサイトの開発
  • ソフトウェア開発
  • 家電などの組込みシステム開発

こんな感じ。

個人的には、在宅で副業したいので、WordPress副業コースかな〜と思いますが、この辺りは個人差があるかもですね。

ただ1つ言えることは、WordPress・AWS・Java全て需要があるので普通に稼げますよ。

現に世界のWebサイトの約7割はWordPressでできてますし、僕の会社なんかだと普通にJavaもAWSもめちゃくちゃ使ってます。

なので、とりあえず興味があるコースを選べばOKです。

\ 2週間のトライアル受講付き /

2週間以内に解約すれば、料金は全額返金されます。
トライアル受講はいつ終わるか分からないので、お早めに。

RaiseTech(レイズテック)の学習内容・流れ

RaiseTech(レイズテック)の学習内容・流れ

それぞれのコースの具体的な学習内容と流れについてもまとめておきますね。

RaiseTech(レイズテック):WordPress副業コースの学習内容

Webサイトの基礎知識

Webサイトの基礎知識

JavaScriptによるフロントエンド実装

JavaScriptによるフロントエンド実装

WordPressによるWebサイト構築

WordPressによるWebサイト構築

RaiseTech(レイズテック):AWSフルコースの学習内容

Webアプリケーション開発

Webアプリケーション開発

AWS上での環境構築

AWS上での環境構築

infrastructure as codeの実践

infrastructure as codeの実践

RaiseTech(レイズテック):AWS自動化コースの学習内容

AWS上での環境構築

AWS上での環境構築

infrastructure as codeの実践

infrastructure as codeの実践

RaiseTech(レイズテック):Javaフルコースの学習内容

Webアプリケーション開発

Webアプリケーション開発

Webアプリケーション開発とテスト

Webアプリケーション開発とテスト

自動テスト環境の構築と画面の自動テスト

自動テスト環境の構築と画面の自動テスト

自動デプロイの実現

自動デプロイの実現

RaiseTech(レイズテック):Javaフレームワークコースの学習内容

Webアプリケーション開発と自動テスト

Webアプリケーション開発と自動テスト

画面の自動テストとCI/CDの実現

画面の自動テストとCI/CDの実現

どのコースも基礎から応用までしっかり学習できることが分かるかと思います。

RaiseTech(レイズテック)の講師

RaiseTech(レイズテック)の講師

RaiseTech(レイズテック)の講師は、全員現役エンジニアです。

実際にエンジニアとして現場で働きながら、副業としてRaiseTech(レイズテック)の講師をしています。

そのため、現場で得た知識やスキルをリアルタイムに伝えてくれますよ。

RaiseTech(レイズテック)の良い評判・口コミ

では、RaiseTech(レイズテック)の評判についても見ていきましょう。

まずは、良い評判から〜。

評判①:質問し放題の環境と独自イベントが強み

評判②:プロからアドバイスがもらえる点とコミュニティが盛んなところがメリット

評判③:受講生同士繋がれるのが良い

評判④:RaiseTechで転職できた

評判⑤:東フリのとださんも推薦

こんな感じ。

無制限で質問し放題の点と、受講生同士の繋がりができるのが良いとの評判が多数でした。

RaiseTech(レイズテック)の悪い評判・口コミ

RaiseTech(レイズテック)の悪い評判・口コミ

続いて、RaiseTech(レイズテック)の悪い評判・口コミについても見ていきましょう…と思いましたが、悪い評判・口コミはありませんでした。

見つけ次第追記していきますが、今のところRaiseTech(レイズテック)の評判は良いと考えて良いでしょう。

\ 2週間のトライアル受講付き /

2週間以内に解約すれば、料金は全額返金されます。
トライアル受講はいつ終わるか分からないので、お早めに。

RaiseTech(レイズテック)のメリット

RaiseTech(レイズテック)のメリット

現役エンジニアの僕が、RaiseTech(レイズテック)のメリットについても評価しました。

RaiseTechのメリット
  • 需要があるスキルを身につけれる
  • 無制限に質問できる
  • 卒業時に案件や就職先を紹介してもらえる

上記の通り。

RaiseTech(レイズテック)は他のプログラミングスクールと違い、稼ぐことに特化していることが1番の魅力ですね。

JavaとかAWSとかWordPressとか、現場にいると分かるんですが、まじで人が足りてません。

つまり、それだけそのスキルを持っている人の価値は上がってますし、これからますます需要が増していく可能性大。

稼ぐのが目的ならRaiseTech(レイズテック)はぴったりのスクールと言えますよ。

RaiseTech(レイズテック)の就職先・転職先

RaiseTech (レイズテック)は、自走力を身につけるスクールのため、基本的に就職先・転職先も自分で見つける必要があります。

実際に、RaiseTech (レイズテック)の公式HPにも下記の通り記載されています。

RaiseTech 就職

なので、就職先・転職先を紹介してくれるというより、就職・転職支援の方がメインになります。

RaiseTech(レイズテック)の就職・転職支援の内容

  • ポートフォリオの添削
  • 面談のコツ
  • 仕事の紹介
  • 他者を利用した就職方法の紹介
  • 就職・転職成功するまで半永久的にサポート

上記の通り、基本的な就職・転職支援はしてくれます。

RaiseTechで転職した人を紹介

実際に、RaiseTech(レイズテック)卒業後に転職成功した人も多いので、紹介しておきますね。

こんな感じ。

RaiseTech(レイズテック)卒業後にたくさんの人が転職に成功していることが分かるかと思います。

個人的には、自分で転職したい企業を選ぶというのは理にかなっていると思いますし、将来的に独立を考えているのであれば、自走力は必須。

そういった意味でも、RaiseTech(レイズテック)は最適な環境だと思います。

RaiseTech(レイズテック)のデメリット

RaiseTech(レイズテック)のデメリット

反対に、RaiseTech(レイズテック)のデメリットは下記の通り。

RaiseTechのデメリット
  • JavaやAWSで稼ぐには、企業で常駐になる可能性がある
  • 就職先や案件が多くない

JavaやAWSは稼げるのですが、どうしても現場に行かないと作業できないことが多いです。

なので、在宅で仕事したい方はWordPress副業コースが良いかな〜と。

後は、RaiseTech(レイズテック)卒業後に紹介できる案件数は多くは無いとのこと。

RaiseTech(レイズテック)社長のエナミさんも下記のようにおっしゃっています。

まあ、RaiseTech(レイズテック)自体が2019年にできた新しいスクールなので、しょうがない部分ですね。

逆に、自分で「転職支援に課題がある」と認めている点は信頼できるかな〜と。

転職先ほとんどないのに、「転職成功率99%!」と言っているようなプログラミングスクールもありますしね。(笑)

\ 2週間のトライアル受講付き /

2週間以内に解約すれば、料金は全額返金されます。
トライアル受講はいつ終わるか分からないので、お早めに。

RaiseTech(レイズテック)と他スクールの比較

RaiseTech(レイズテック)と他スクールの比較

RaiseTech(レイズテック)と同じ、完全オンライン完結のスクールを比較しました。下記の通り。

スクール名 料金 学習内容 評判
RaiseTech
※Javaフルコース
346,500円(約5ヶ月) Java
ポテパンキャンプ
※ビギナーコース
300,000円(約4ヶ月) Ruby ポテパンキャンプ評判
TechAcademy
※Javaコース
299,000円(16週間) Java TechAcademy評判
CodeCampGATE 478,000円(4ヶ月) Webサイト制作 CodeCampGATE評判

RaiseTech(レイズテック)の料金は、期間も考慮すると、相場くらい、もしくは相場より安いことが分かるかと思います。

さいごに:悩んでる暇があるなら行動しよう

以上、本記事では、RaiseTech(レイズテック)の評判を現役エンジニアの僕が解説しました。

RaiseTech(レイズテック)の評判についてもう一度まとめると、

  • 無制限で質問できるのが良い
  • 受講生同士の繋がりがもてる
  • 悪い評判が現状ない

が結論でした。

最後に一番伝えたいことをお伝えして終わりたいと思います。

「本当にRaiseTech受講しようかな…どのスクールが良いかちゃんと見極めてからにしよう…」

と悩む気持ちはわかりますが、悩んでる時間がもったいないです。

RaiseTechの各コースには、全額返金保証付きのトライアル受講があります。

悩むくらいなら、とりあえずトライアル受講で自分に合うスクールなのか試してみて、自分に合わないなと思ったらやめればいいのです。2週間以内なら全額返金してくれるので、実質無料で試すことができますよね。

悩んでる間に、あなたがエンジニアとして働いていたはずの時間がどんどんなくなってしまいますよ。

申し込まずに後悔するより、ダメはもともとで申し込んでみましょう。

\ 2週間のトライアル受講付き /

2週間以内に解約すれば、料金は全額返金されます。
トライアル受講はいつ終わるか分からないので、お早めに。

補足:申し込みは早い方が良い

ちょっと余談ですが、申し込みは早い方が良いです。(急かすようですみません…)

理由は、下記の通りです。

  • 早く身につければ、それだけそのスキルを活かせる機会も増えるから
  • プログラミングスクールの料金は徐々に高くなっているから

例えば、今スキルを身につけた人は、1年後にはそのスキルに磨きがかかり、使いこなせるかもしれませんが、1年後にスキルを身につけた人は、使えるようになるのは、2年後とかになりますよね。

1年差が出れば、それだけそのスキルを使ってお金を稼ぐ機会も減ってしまいますし、近年のプログラミング人気により、スクールの料金も高くなってしまう可能性があります。

機会損失を避ける上でも、申し込みは早い方が良いですよ。

\ 2週間のトライアル受講付き /

2週間以内に解約すれば、料金は全額返金されます。
トライアル受講はいつ終わるか分からないので、お早めに。

今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です