KOOVの評判は悪い?【現役エンジニアの評価も】

KOOVの評判は悪い?【現役エンジニアの評価も】

悩む人

子供にKOOVをやらせるか迷ってるんだけど、先に評判を見ておきたい。後、現役エンジニアの人から見て、KOOVで子供にプログラミングやらせるのどう思う?

このようなお悩みを解決する記事です。

本記事の内容

  • SonyのKOOVとは?
  • KOOVの価格
  • KOOVの悪い評判・口コミ
  • KOOVの良い評判・口コミ
  • KOOVを現役エンジニアが勝手に評価
  • KOOVとレゴの比較

本記事を書いている僕は、プログラミング歴6年の現役エンジニアです。

子供にKOOVをさせるか迷っているあなた。

プログラミングが小学校で必修科目になったこともあり、もっと子供にプログラミングを経験させておこうと考えているのではないでしょうか。

新しいことに触れさせようとする姿勢、素晴らしいですね!

でもその前に、KOOVが本当に効果があるのか、評判はどうなのか知っておきたいですよね。

そこで本記事では、KOOVについて基本的な内容を解説しつつ、評判についてもまとめました。

この記事を読むと、KOOVを子供に受けさせるかどうかの悩みも解消されますよ。

さっそく見ていきましょう!

»KOOVの体験授業に申し込む

SonyのKOOVとは?

Sonyが販売している「KOOV」とは、ロボットプログラミング学習キットです。

レゴのようにブロックを組み立て、プログラムを組むとブロックが動き出します。

KOOVでできること

KOOVでできることは、基本的に下記の3つです。

  1. ゼロからプログラミングを学べる
  2. 20を超えるレシピから好きなロボットを作り、動かせる
  3. オリジナルロボットの制作&ネットで公開

ゼロからプログラミングを学べるだけでなく、オリジナルのロボットをWEBで公開することも可能です。

KOOVの対象年齢

KOOVの対象年齢は、8歳以上です。

とはいえ、下記のように大人の方も一緒に楽しめる内容となっています。

Koovの価格

KOOVには、ベーシックキット・スターターキット・アドバンスキットの3つの製品があります。

ただし、ベーシックキットは学校専用のため、家庭で使うことはできません。

なので、ここでは、スターターキットとアドバンスキットについて解説していきますね。下記の通り。

  アドバンスキット スターターキット
価格 49,880円+税 36,880円+税
ピース
ブロック+付属パーツ
302個 172個
電子パーツ 24個 16個
学習コース 4個 3個
ロボットレシピ 31個 21個

基本的にアドバンスキットの方が、パーツと作れるロボット数が多いという感じです。

必要なものは上記のキットのみで、アプリなどは完全無料で利用できます。

さらに詳しく知りたいという方は、KOOVの製品情報をご覧ください。

KOOVのアプリについて

キット購入後は、KOOVアプリを使って学習していくことになります。

具体的な手順は、下記の通り。

  1. 「ロボットレシピ」でまねをする
  2. 「学習コース」で体系的に学ぶ
  3. 「自由制作」で自ら発明する

まねをしてロボットを組み立てて動かす」 → 「どうやって動いていたのかを学ぶ」 → 「自分で自由にロボットを組み立て、動かしてみる」という流れで学習することができます。

KOOVの学習コースについて

KOOVの学習コースは、全部で下記の4つあります。

  • はじめてのロボットプログラミング:プログラミングの方法をゼロから学べるコース
  • ブロックアーティストになろう:ブロックでの色々な表現方法を学ぶコース
  • ロボットのしくみをまなぼう:アドバンスキットでロボットの仕組みを学ぶコース
  • プログラミングスキルを磨こう:一歩先に行くプログラミングの方法を学べるコース

スターターキットでは、「ロボットのしくみをまなぼう」以外、アドバンスキットでは、全てのコースを学習できます。

コースについてさらに詳しく知りたい方は、KOOVの学習コースをご覧ください。

KOOVの悪い評判・口コミ

続いて、KOOVの評判についても見ていきましょう。

まずは、悪い評判から〜。

KOOVの値段が高い

センサー類の精度をもう少し高くしてほしい

価格が高いのとセンサー類の精度をもう少し上げてほしいという声がありました。

KOOVの良い評判・口コミ

続いて、KOOVの良い評判も見ていきましょう。

子供がKOOVにハマっている

面白かった

KOOVを買って大正解だった

親と子供一緒に楽しめる

思っていた以上に面白い

面白いという声が多かったです。

買ってやってみると楽しいけど、買うハードルが高いという感じですね。

確かに価格はそれなりにするので、子供への投資と考えられる人やお金に余裕がある人が購入する方がいいと思います。

KOOVを現役エンジニアが勝手に評価してみた

KOOVについて、日頃プログラミングをやっている僕が勝手に評価してみました。下記の通り。

  • 実際に動かしながらプログラミングを体験できるのは素晴らしい
  • 親と子供が両方楽しめるのは良い
  • もう少し価格を安くして欲しかった

こんな感じですね。

プログラミングは、実際に何かを動かしながら、学んだ方が確実に上達します。

また、プログラミングは想像力や表現力など必要な力が多いので、子供の教育にはかなりいいですよ。

ただし、KOOVは子供向けにしては少し値段が高いので、個人的にはもう少し安くして、導入する家庭が少しでも増えればいいな〜と思います。

KOOVとレゴを比較

よくある質問として、「KOOVとレゴってどっちがいいの?」というものがあります。

結論から言うと、どちらも素晴らしいと思うのですが、どちらかと言うと、レゴの方が難易度高めですね。

というのも僕自身レゴの方を使ったことあるのですが、ロボット部分の組み立てがKOOVより難しいという感じでした。

ちなみに、レゴには下記のようにWeDo2.0、マインドストームEV3という2種類があり、僕が使ったのはマインドストームEV3の方です。

レゴ

WeDo2.0とマインドストームEV3の比較

  • WeDo2.0:小学生1〜2年生向け。お値段2〜3万円ほど。
  • マインドストームEV3:小学生3年生以上向け。お値段5〜6万円ほど。

個人的には、レゴよりKOOVの方がおすすめです。

さいごに:KOOVには体験授業あり

以上、本記事では、KOOVについて基本的な内容から評判・現役エンジニアの評価まで解説しました。

もう一度まとめておくと、

やってみると親子で楽しめるけど、値段が少し高い

というのが結論です。

最後に本質的なことを話して終わりたいと思います。

「買ってみて子供が全然やってくれなかったらどうしよう。値段も高いし…」

と悩む気持ちは分かりますが、悩んでる時間がもったいないです。

KOOVには、体験授業があります。

悩むくらいなら、とりあえず体験授業に参加してみて、子供が楽しくなさそうだったら買うのをやめればいいのです。

体験授業は、ほとんどの場所で無料なのでリスクもゼロ。

子供の成長の芽を詰むより、まずは子供に体験させてみましょう。

»KOOVの体験授業に申し込む

今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です