DIVE INTO CODEのリアルな評判7個【悪評も】

DIVE INTO CODEの評判はどうなの?メリット・デメリットや向いてる人についても教えて欲しい。

このようなお悩みを解決する記事を用意しました。

記事の内容

  • DIVE INTO CODEの特徴
  • DIVE INTO CODEの料金とコース
  • DIVE INTO CODEのカリキュラム
  • DIVE INTO CODEを受講するとどうなるか
  • DIVE INTO CODEの良い評判
  • DIVE INTO CODEの悪い評判
  • DIVE INTO CODE受講に向いている人
  • DIVE INTO CODEで無料カウンセリングを受ける手

記事の信頼性

  • 本記事を書いている僕は、プログラミング歴6年の現役エンジニアです。
  • 仕事柄、たくさんのプログラミングスクールを見てきました。
  • 現在は、AIを扱った仕事をしています。

DIVE INTO CODEの評判が知りたいあなた。

将来は、DIVE INTO CODEに通って、エンジニアになろうとしているのではないでしょうか。

でも受講する前に、評判くらいは確認しておきたいですよね。

そこで本記事では、DIVE INTO CODEのリアルな評判・クチコミについてまとめました。

この記事を読むと、DIVE INTO CODEの良い評判・悪い評判が分かり、受講するかどうかの迷いもなくなりますよ。

さっそく見ていきましょう。

\ 完全無料 /

無料カウンセリングはいつ終わるか分からないので、お早めに。

DIVE INTO CODEの特徴

DIVE INTO CODEの特徴

まず簡単に、DIVE INTO CODEの特徴をメリット・デメリットの観点から見ていきましょう!

DIVE INTO CODEのメリット

  • 転職サポート付き
  • DIVE INTO CODE独自のカリキュラム内容
  • テキストを卒業後も無制限で閲覧できる

上記の通り。

中でもDIVE ITNO CODEは独自のカリキュラムがあるのが最大のメリットです。

例えば、

  • 同期とのディスカッション授業
  • 同期とのペアプログラミング
  • ポートフォリオの発表会

などですね。

エンジニアはコミュニケーション能力が必須。

DIVE INTO CODEのカリキュラムは、スキルだけでなくコミュニケーション能力も磨けるので、一石二鳥です。

DIVE INTO CODEデメリット

  • 教室受講とオンライン受講で料金が変わらないこと

上記の通り。

オンライン受講の場合、下記のカリキュラム(サービス)が含まれません。

  • 同期とのディスカッション授業
  • ポートフォリオの発表会
  • 東京で開催されるイベントや交流会の参加権

オンライン受講だと、DIVE INTO CODEを受講するメリットの大半を受けることができません。

しかし、料金は一緒。

なので、DIVE INTO CODEは教室で受講するのがおすすめです。

※オンライン受講のおすすめプログラミングスクールについては、オンライン型プログラミングスクールのオススメは4つのみで詳しく解説しています。

DIVE INTO CODEのコースと料金

DIVE INTO CODEのコースと料金

DIVE INTO CODEのコースと料金は下記の通り。

就業達成プログラム ・値段:588,910円(税抜)
・期間:4ヶ月 or 10ヶ月
・Webエンジニアへの就職を目指す
ベーシックプログラム ・値段:388,910円(税抜)
・期間:6ヶ月
機械学習エンジニアコース ・値段:979,819円(税抜)
・期間:4ヶ月
・機会学習エンジニアへの就職を目指す

※入学金込、期間は毎日フルタイムで受講した場合4ヶ月、現在のお仕事をしながらの場合10ヶ月となります。(仕事後の時間や土日など)

プログラミングスクールの料金相場が3ヶ月で20〜60万円くらいなので、平均より少し高いくらいです。

独自のカリキュラム等を増やしている分、少し高いという感じですね。

DIVE INTO CODEのカリキュラム

  • 就業達成プログラム:Webエンジニアへの就職を目指す
  • ベーシックプログラム:Webアプリケーション開発周辺の知識を網羅的に身につけることを目指す
  • 機械学習エンジニアコース:機械学習エンジニアとして就職することを目指す

上記の通り。

それぞれのコースの目的が異なってる点に注意が必要です。

例えば、Webエンジニアへの転職(就職)を目指す方は就業達成プログラムを、機械学習エンジニアになりたい人は、機械学習エンジニアコースを受講しましょう。

>>DIVE INTO CODEの機械学習エンジニアコースは通うな?→いいえ、オススメです

\ 完全無料 /

無料カウンセリングはいつ終わるか分からないので、お早めに。

DIVE INTO CODEの学習の進め方

  1. 入門Term:プログラミングの基礎を学ぶ
  2. 基礎Term:アプリケーションの作成
  3. 就職Term:現場で使われるツールや開発サイクルを経験

学習の進め方は上記の通り。

基礎から応用まで一貫して学ぶことができます。

DIVE INTO CODEを受講するとどうなるか

DIVE INTO CODEを受講するとどうなるか

DIVE INTO CODEを受講すると、プログラミングスキルを身につけてエンジニア転職することが可能です。

具体的に身に付くスキルとしては下記の通り。

  • HTML/CSS
  • Git/GitHub
  • JavaScript
  • Ruby
  • RDBMS/SQL
  • Ruby on Rails
  • ActiveRecord
  • Vue.js
  • AWS

上記のスキルを身につけつつ、カリキュラム内でポートフォリオも制作できます。

なので、受講後はすぐに転職活動に移ることが可能ですよ。

\ 完全無料 /

無料カウンセリングはいつ終わるか分からないので、お早めに。

DIVE INTO CODEの良い評判

DIVE INTO CODEの良い評判

続いて、評判も見ていきましょう!

まずは良い評判の方から。

卒業生の技術力が高い

卒業後もサポートが手厚い

単純に悪い評判を聞かない

カリキュラムが良かった

同じ志を持った人と作業するとモチベーションが上がる

無事卒業できた

DIVE INTO CODEの悪い評判

DIVE INTO CODEの悪い評判

次に、悪い評判についても見ていきましょう!

受講料が高い

1つだけありました。

今後も見つけ次第追記していきますね。

DIVE INTO CODEの評判まとめ

DIVE INTO CODEの評判をまとめると、下記の通り。

  • 卒業生の技術力が高い
  • 卒業後もサポートが手厚い
  • 単純に悪い評判を聞かない
  • カリキュラムが良かった
  • 同じ志を持った人と作業するとモチベーションが上がる
  • 無事卒業できた
  • 受講料が高い

確かに受講料は少し高めなので、こういった評判があることも納得ですね。

ただし、これ以上の悪い評判は特になし。

現状、DIVE INTO CODEの評判はおおむね良いと考えていいでしょう。

\ 完全無料 /

無料カウンセリングはいつ終わるか分からないので、お早めに。

評判から分かるDIVE INTO CODE受講に向いている人

評判から分かるDIVE INTO CODE受講に向いている人
  • プログラミング未経験者
  • プログラミングスキル+αを身に付けたい方
  • 卒業後もサポートして欲しい方

上記の通り。

僕もそうなのですが、エンジニアはお客さんに説明したりチームで開発したりと人とコミュニケーションを取る機会が割と多いです。

その点、DIVE INTO CODEはプログラミングスキルだけでなく、コミュニケーション能力や発表スキルなども同時に磨くことが可能。

就職してからのことがよく考えられているカリキュラムですね。

また、基礎から学習できる点や卒業後もサポートしてくれる点は、プログラミング未経験者に寄り添ったサービスだと思います。

DIVE INTO CODEの無料カウンセリング受講手順

最後にDIVE INTO CODEの無料カウンセリング受講手順についてもまとめておきますね。下記の通り。

  1. DIVE INTO CODE公式HPへアクセス!
  2. 必要事項を記入して、無料カウンセリングを予約
  3. 無料カウンセリングを受ける

わずか3ステップでできます。

カウンセリング内容なども書きたかったのですが、長くなりすぎるので別記事にまとめました。

具体的な手順や無料カウンセリングの内容などは、DIVE INTO CODEの無料カウンセリングの内容【徹底解説】をどうぞ。

まとめ:DIVE INTO CODEの評判は良い

まとめ:DIVE INTO CODEの評判は良い

という感じで、DIVE INTO CODEの評判はかなり良いです。

もう一度評判をまとめておくと、下記の通りですね。

  • 卒業生の技術力が高い
  • 卒業後もサポートが手厚い
  • 単純に悪い評判を聞かない
  • カリキュラムが良かった
  • 同じ志を持った人と作業するとモチベーションが上がる
  • 無事卒業できた
  • 受講料が高い

気になる点は受講料くらいですが、ぶっちゃけDIVE INTO CODE卒業後にエンジニアになれば、受講料くらいはすぐに回収できます。

エンジニアと全職種の平均年収比較

エンジニアと全職種の平均年収比較

DIVE INTO CODEにお金を払っても、すぐに回収できることが分かるかと思います。ぜひ、この機会にお試しあれ〜。

\ 完全無料 /

無料カウンセリングはいつ終わるか分からないので、お早めに。

合わせて読みたい

DIVE INTO CODEの野呂代表が素晴らしい件について DIVE INTO CODEの就職先は悪い?【SEが解説】 DIVE INTO CODEの場所を解説!【教室の様子も】DIVE INTO CODEの場所を解説!【教室の様子も】 DIVE INTO CODEの機械学習エンジニアコースは通うな?→いいえ、オススメですDIVE INTO CODEの機械学習エンジニアコースは通うな?→いいえ、オススメです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です