SEOキーワードの選定を無料ツールで行う方法

SEOキーワードの選定方法について無料ツールで行う方法を教えて欲しい。

このようなお悩みを解決する記事を用意しました。

SEOキーワードを意識して書かないと、せっかく良質な記事を書いても検索上位に表示させるのは、なかなか厳しいです。

本記事では、検索上位を取るために必須なSEOキーワード選定を無料ツールで行う具体的な方法についてまとめています。

これを読んで実践すれば、あなたのブログもSEOに強くなること間違いなしですよ。

さっそく見ていきましょう!

SEOキーワード選定とは?

SEOキーワード選定とは?

キーワード選定とは、Googleなどの検索エンジンで検索された時に、上位表示したいキーワードを選ぶことです。

例えば、ブログ初心者にオススメな本を知りたい時、「ブログ 初心者 本」と検索しますよね。

このように「どのようなキーワードで検索された時に、自身のページを表示させたいかを決めること」です。

現在検索すると上位に出てくるページも、間違いなくキーワード選定を行っていますよ。

SEOキーワード選定手順

SEOキーワード選定手順

SEOキーワード選定手順としては下記の通りです。それぞれ具体的に解説していきます。

  1. 関連キーワード取得ツールでSEOキーワードを取得
  2. キーワードプランナーでSEOキーワードの検索ボリュームを抽出
  3. 記事の内容とターゲットユーザーを考えてキーワードを決める

①関連キーワード取得ツールでSEOキーワードを取得

関連キーワードとは、検索エンジンに打ち込んだ時に表示される下画像の赤枠の部分のことです。ユーザーがどんなキーワードで検索しているのかを表します。

関連キーワード

ただ、これはユーザーが検索したキーワードの一部です。

他にはどんなキーワードで検索しているのか知るためには、「関連キーワード取得ツール」が必要になってきます。

関連キーワード取得ツールにも有料・無料ありますが、無料のrelated keywordsがオススメ。

関連キーワード取得ツール

試しにrelated keywordsの検索キーワードに「ブログ」と打ち込むと、「ブログ」の関連キーワードがあ行から順に出てきます。

赤枠部分はユーザーの検索数が多い順に並んでいて、青枠部分は関連キーワードが全て並んでいます。

キーワード選定には青枠部分を使用するため、全て選択し、コピーしておきましょう。

②キーワードプランナーでSEOキーワードの月間検索ボリュームを抽出

月間検索ボリュームとは、そのキーワードが1ヶ月間でどれくらいユーザーに検索されているのかを表す指標です。

関連キーワードで取得できたら、それぞれのキーワードの検索ボリュームを見ていきましょう。

検索ボリュームの抽出には、Googleキーワードプランナーを使用します。

ちなみにGoogleキーワードプランナーは、Google Adwords内の1つの機能です。

Google Adwordsには無料版・有料版がありますが、無料版でOK。

違いをざっくり話すと、検索ボリュームの数値幅が正確か大まかかという点。

詳しくはまた後ほど話しますね。

ここから、Googleキーワードプランナーの使い方について解説していきますね。

①Googleキーワードプランナーの「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリック。

Googleキーワードプランナー

②先ほど「関連キーワード取得ツール」でコピーしたキーワードを貼り付け、開始するをクリック。

②先ほど「関連キーワード取得ツール」でコピーしたキーワードを貼り付け、開始するをクリック。

③過去の指標をクリック

③過去の指標をクリック

④月間平均検索ボリュームをクリックし、検索ボリュームが多い順に並び替える

④月間平均検索ボリュームをクリックし、検索ボリュームが多い順に並び替える
並び替え

以上で検索ボリュームの抽出が完了です。

無料版だと検索ボリュームの部分が「10万〜100万」など曖昧ですが、有料版になると、正確な数値が見れます。

まあ、「もっと正確な数値が見たい!」という方は有料版でも良いと思いますが、個人的には無料版でもいいかなという感じですね。

※ちなみに競合性(上記画像参照)とは、広告主の多さを表しており、コンテンツの多さを表している訳ではありません。

③ターゲットとなる読者を考えてキーワードを決める

あとはキーワードを決めるだけですが、一番はターゲットとなる読者に合わせたキーワードを選ぶこと。

「ブログのアクセスアップのコツは7つのみ」というタイトルにも関わらず、記事の内容が「ブログの始め方」だったら誰も記事を読もうとしませんよね。

「記事の内容にマッチしている」「読者はなんと検索するか」を考えてキーワードを選定しましょう。

注意点は、検索ボリュームが多いキーワードほど競合が強いということ。

検索ボリュームが多いキーワード=みんな検索上位を取りたいからより良質な記事を書く

という感じなので、検索ボリュームが多いキーワードは、なかなか上位表示させるのが難しいです。

そこでオススメなのが次で紹介するロングテールSEOです。

検索ボリュームが多いキーワードはロングテールSEOで

検索ボリュームが多いキーワードはロングテールSEOで

ロングテールSEOとは、スモールキーワード→ミドルキーワード→ビッグキーワードのように繋げていく、SEO戦略のことです。

「スモールキーワード=月間検索ボリュームが少ない」、「ミドルキーワード=月間検索ボリュームが普通」、「ビッグキーワード=月間検索ボリュームが多い」という感じです。

ちょっと分かりづらいので、例を挙げますね。

例えば、Googleキーワードプランナーを使って、プログラミングスクール関連のキーワードを見てみると、下の画像のようになります。

Googleキーワードプランナー プログラミングスクール

月間検索ボリュームが、10~100、100~1000、1000~1万のキーワード群に分けられますよね。

すなわちここでは、「スモールキーワード=月間検索ボリューム10~100のもの」、「ミドルキーワード=月間検索ボリューム100~1000のもの」、「ビッグキーワード=月間検索ボリューム1000~1万のもの」です。

そしてロングテールSEO戦略とは、これらを内部リンクでつないで、読者にビッグキーワードの記事(アフィリンクが貼ってある記事)まで読んでもらうこと。

「プログラミングの費用について書いた記事」→「プログラミングスクールの転職について書いた記事」→「プログラミングスクールのオススメについて書いた記事」という感じです。

基本的に記事を読み進めていくと、読者の悩みは解消されていくはずなので、成約率が上がる+スモールキーワードはビッグキーワードに比べて検索で上位表示させやすいというメリットがあります。

ざっくりとですが、これがロングテールSEOです。

これなら割といけそうですよね。

SEOキーワード選定は必ず取り組もう!

SEOキーワード選定は必ず取り組もう!

ということで、SEOキーワード選定は必ず取り組みましょう。

もう一度、SEOキーワード選定手順を載せておきますね。

  1. 関連キーワード取得ツールでSEOキーワードを取得
  2. キーワードプランナーでSEOキーワードの検索ボリュームを抽出
  3. 記事の内容とターゲットユーザーを考えてキーワードを決める

今回は以上です。

ブログ初心者にオススメな本【厳選7冊】を紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です