ブログの文字数は何文字でもいい【理由を解説】

ブログの文字数って何文字が良いの?多ければ多いほどいいの?

このようなお悩みを解決する記事を用意しました。

結論を先に言っちゃうと、何文字でもいいです。

これで終わりだと悲しいので、本記事ではもう少し、ブログの文字数について深掘りしていきます。

これを読めば、ブログと文字数の関係について、しっかりと理解できた状態になりますよ。

結論:ブログの文字数は何文字でもいい

結論:ブログの文字数は何文字でもいい

先ほども言った通り、ブログの文字数は何文字でもいいです。

なぜなら、Googleに文字量を評価して、検索順位を変えるアルゴリズムはないからです。

Googleの中の人、ジョン・ミューラー氏も、下記のように発言していますよ。

Googleには、「100語以下が悪く、100~500語の間なら良い。500語以上なら最高」のようなアルゴリズムはない。

Googleはページ全体を見て、他より優れていて、ユーザーの検索意図にかなったものかを評価している。そんなページでさえあれば、文章の長短、画像の量などは好きなようにしていい。

この発言から、ブログの文字数に意味はなく、ユーザーの検索意図に沿った記事が評価されるということが分かります。

ブログの文字数よりユーザーの検索意図に沿った記事を書こう!

ブログの文字数よりユーザーの検索意図に沿った記事を書こう!

「文字数よりも、ユーザーの検索意図に沿った記事を書くべき」ということは分かったと思います。

じゃあ、ユーザーの検索意図って何?」と思いますよね?

そこで、ここではユーザーの検索意図について簡単にまとめておきます。

ユーザーの検索意図とは?

ユーザーの検索意図とは文字通り、ユーザーがそのキーワードで検索した意図のことです。

例えば、「ブログ 文字数」と検索した場合、ユーザーの検索意図は、

  • ブログの文字数はSEOに関係するの?
  • ブログの文字数は大体何文字くらい書けばよいの?
  • ブログの文字数は長い方がいいの?

というような感じです。

ユーザーは知りたいことをキーワードで打ち込むので、「そのキーワードでどんなことを知りたがっているのか」を想像する必要があります。

検索上位=ユーザーの検索意図を満たした記事

もうお分かりかと思いますが、「検索上位の記事=ユーザーの検索意図を満たした記事」ということになります。

そこには一切文字数は関係ありません。

ブログの文字数より、ユーザーの検索意図に沿った記事を書きましょう。

とはいえ、検索上位の記事は文字数が多い

とはいえ、検索上位の記事は文字数が多い

文字数は何文字でもいいよ」と言いましたが、基本的に検索上位の記事は、文字数多めです。

これにも理由があり、ユーザーの検索意図を満たすためには、ある程度文字数が必要だからです。

あなたも検索した時に、「1つの記事で、自分が知りたかった情報(検索意図)が全部載ってたらいいな」と思いませんか?

ブロガーもそれが分かっているので、1記事に網羅的に情報を詰め込み、検索上位を狙うというわけです。

これはあくまで「ユーザーの検索意図を満たしていたら、結果的に文字数が多くなった」ということで、「文字数が多いから検索上位に上がった」ということではないのでご注意を。

ブログの文字数の目安を知りたい方へ

ブログの文字数の目安を知りたい方へ

僕がオススメしている文字数は、1記事あたり2000~5000文字です。

なぜなら、短すぎるとユーザーの検索意図を満たせないし、長すぎると読者が途中で離脱しやすいからです。

現にこの記事も2000文字程度で書かれており、ここまで読み進めてくださっているということは、ちょうどいい長さなのかなと思ったり笑

目安が欲しいという方は、2000~5000文字を目安に書いてみてください。

まとめ:ブログの文字数はあまり気にしなくていい

まとめ:ブログの文字数はあまり気にしなくていい

ブログの文字数ではなく、ユーザーの検索意図を気にして記事を書きましょう。

そうすることで、文字数が多くなくても、検索上位に表示される記事が出てくるはずです。

最後にもう一度、内容を確認しておきましょう。

  • 文字数は何文字でもいい
  • 文字数ではなく、ユーザーの検索意図を満たそう
  • 目安は1記事2000~5000文字

ブログの文字数の関係が分かった方は、「ブログの記事構成」が必要です。

具体的な記事構成の作り方は、下記の記事にまとめましたので、合わせてどうぞ。

ブログの記事構成を作る手順は3ステップのみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です